神聖幾何学綿棒ワークショップ2回目~まだまだ序の口だけど

11月12日、先月に引き続き、不食の弁護士秋山佳胤先生の綿棒で作る神聖幾何学ワークショップに参加してきました。

 

秋山先生は最近あちこちでとても頻繁にこのワークショップを開かれてます。

 

あの秋山先生がそこまで熱心に取り組まれてるってことはただならぬ重要性のあることなのだろうなと思い、再びの参加です。

 

 

前回は経験者の方が多かったせいか、作り方についてあまり詳しい説明をしてもらえなかった気がして、周りの人のを見ながら見様見真似で作った感じ。

 

でも今回はほとんどが初心者だったため、かなり丁寧に説明して下さって、やっとコツが理解できた気がします(^^;

 

ベクトル平衡体Seed of Lifeの陰(女性性)の形と陽(男性性)を表す「マカバ」を作りました。

 

作り方はとにかく正三角形を作っていくだけ。

作っていくと四角形も現れるけど、そちらは一切気にせず、ひたすら三角形に注目。

 

これを作ることでエソテリック・ヒーリングや神智学でいわれる「3の法則」を体感した気がします。

 

平面での神聖幾何学模様は世界中のあらゆる古代文明などに表されているそうですが、立体図形を作ることで、平面的な思考から立体的な思考ができるようになるといいます。

 

作る際には綿棒と綿棒の頂点がきちんと合うように注意する必要があります。

 

でも、一方向から見て合っているように見えても別の角度から見るとずれていることがある。

微妙なずれがあると、立体が複雑になるに従ってどんどん誤差が広がってしまう。

なので、図形を回しながら、いろんな角度から物を見る訓練にもなるのですね。

 

そして、出来上がった図形は、その時の作り手の精神状態をとてもよく表します。

 

私が先月初めて作ったものなんか、頂点ズレズレでカッコ悪くて、家に帰ってからもう一度新たに作り直して、最初のものは捨ててしました(^^ゞ (都合の悪いことは無きことにしようとするわたし💦)

よくわからずに始めた神聖幾何学、調べてみると、とてもとても深~~~~い宇宙の真理があるらしいことがわかってきます。

 

私の脳みそではよく理解できないのだけど、一人一宇宙で自分はその宇宙の創造神であることや、パラレルワールドのこと、たぶん華厳経や唯識なんかで言ってることもこういうこなのかもしれないと思います。

 

そして私のやってるバイオダイナミクス・オステオパシーの理解も進んだ気がします。

左がベクトル平衡体(女性性)、中央がマカバ(男性性)、右はふたつを入れ子にして合体させたもの。

マカバはサン・キャッチャーと一緒にして窓辺に飾り、陰陽合体版は上下にクリスタルを付けてセッション・ルームの天井につるしてみました。

 

これらは、目には見えない宇宙のエネルギーの流れを視覚化したもの。

 

言霊というのがあるけど、これは形霊。

これはいのちの形ともいえるので、お守りにもなる。

 

この図形からは整ったエネルギーが放射されているので、これを部屋に置いておいたり、見ているだけで自分の生命の周波数も整ってくるそうですよ。

 

秋山先生のところに相談にいらしたクライアントさんが癌に罹患されてステージ4だったけど、先生お手製の陰陽合体版のseed of lifeをもらって帰って毎日眺めていたら癌が治っちゃったという逸話もありました。

 

ウソかマコトか、とにかく自分で作ってみると面白いです。

 

私はこれを作っていると頭がすごく冴えてくるのだけど、肩がバリバリに凝ってしまいました。

一説には松果体を活性化させるとも言われますが、ハイヤー・メンタル体を鍛えてる気がします。

ちょっと交感神経優位になりすぎで、氣がみんな上に上がっちゃう気がするので、ゆるゆる瞑想や身体を動かすことをやりながらゆっくり時間をかけて作るのが良さそうです。

 

私は次はseed of lifeの相似形のフラワー・オブ・ライフに挑戦したいと思います。

 

神聖幾何学について作り方やとても深い考察をされてるブログがありましたので、さらに興味のある方はこちらをご参照下さい。

 

・・・というか、このブログを書くためにと思って色々調べていたら、想像以上にただならぬ世界が広がってることに戦慄を覚え始めました(>_<)

 

こんなの書いてる暇に次のこと調べたくなってきた!!!!

 

最後に、最近私が読んで面白かった秋山先生とドクター・ドルフィンの対談本のご紹介。

 

ドクター・ドルフィンのことは初めて知りましたが、二人ともかなりぶっ飛んでます。

 

宇宙人、松果体、水晶・珪素、シリウス、イルカ, etc.

 

私の中に断片的にあったものがどんどんつながっていく感じ!!

 

 

この本の表紙を見た夫は、妻がついにこんなところまで行っちゃったことにあきれていました(^▽^;)

『あなたの宇宙人バイブレーションが覚醒します!』