精神保健福祉士の心理カウンセリング|東京江戸川区|総武線新小岩


心療内科へ行った方がいいのでしょうか?


このホームページに来られた方の中にも、民間のカウンセリングを受けるよりは心療内科や精神科を受診した方がいいのではないかと考えていらっしゃる方がいると思います。

 

そこで、私の考えを書いてみたいと思います。

 

私は過去に一年半ほど千葉県内の小さな心療内科クリニックに週1回勤務していました。

現在は都内の心療内科と連携したカウンセリング・センターに週2回勤務しています。

 

そこに受診される患者さんと接していて、患者さんの中にいくつかのタイプがあるように思いました。

 

1.身体に不調を感じて、普通の内科等で診てもらったが何も問題ないので心療内科へ行って下さいと言われて受診に至った方々。

あるいは最初からメンタルな問題と自覚はあるが、薬を飲めばよくなると思っている、あるいは薬によってなんとか日常生活が送れればそれでよいと思っている方。(カウンセリングの必要性は感じていない)

 

2.たとえば、主訴が「不安で不安でたまらず夜眠れません」という方で、インテークでお話をお聴きすると、「主人が浮気してることを知ってしまって、そのことが気になって眠れない」というようなお話をされる方。

こういう方は、心療内科を受診する前に人生相談やカウンセリングに行かれた方がよいと感じます。

 

普通の心療内科や精神科では、たいてい初診の時はこれまでの経過など詳しいお話を聴きますが、話を聴いた後は薬を処方するだけです。

 

2回目以降はたいてい「前回の診察から今日までの間どうでしたか?」という質問に「特に変わりません」と言えば同じ薬、「不安が高まって」と言えばどんどん薬の量が増えるばかりです。

 

本来ならば精神科医は患者さんの人生そのものについて良き相談相手となり、加えて必要最小限の薬の処方をしてくれたらいいと思います。

 

できれば薬以外の様々な治療法について研究熱心であってほしいと思いますが。

 

何よりも普通の精神科医は、驚かれるでしょうが、人の「こころ」についてはほとんど知識はありません。

医師は身体のことしかわかりません。「脳」のことがある程度わかっても、人の「こころ」は「脳」を超えたものです。

 

私が今勤務しているところの先生方は、薬は「一時の松葉杖」であり、病気を治すのは患者さん自身の自然治癒力であるとおっしゃっています。

 

そしてできる限り受診と並行してカウンセリングを受けることを勧めています。

 

ですが、医師が勧めても、患者さんの方で自分の心を見つめる(カウンセリングを受ける)心の準備のできている方は少ないのが現状です。

 

カウンセリングは自費診療になるので経済的な問題も壁になるようですし、たいていの方は自分の心の中など見たくないのですね。

 

でも、ちゃんと治りたい、再発したくないと思われるのであればカウンセリングでしっかりとこれまでの生き方を見直してみることが必要です。

 

カリスマ精神科医の神田橋條治さんは、うつ病は「脳の生活習慣病」であると言っています。

 

もしも病院に行くなら、事前にどんな医師か、どのような治療観をお持ちの方かよ~く調べてから受診なさってくださいね。

 

大学病院など大きな病院へ行くよりも個人でやられている、医師の人柄が伝わってくるようなところの方がお勧めです。(大病院は症状を悪化させるケースが多いです!)


受診した方がいい場合の目安


下記のような症状がある場合はカウンセリングを受けるよりも病院へ行って、まずは体力を回復させましょう。


・眠れない(1日6時間未満)
  いつもより2時間以上早く目覚めてしまう(早朝覚醒)

・食欲がない
 1ヶ月で通常の体重よりも5%以上痩せた(体重50kgの人の5%は2.5kg)

※最初から心療内科や精神科に行く必要はありません。
内科で「良く眠れないのでお薬を出して下さい」と言って、睡眠薬を出してもらうのがよいでしょう。

 

※病院に行くのに抵抗がある方には、Alma Materでは「クラニオセイクラル・セラピー(頭蓋仙骨療法)」という自然療法で全身の神経の緊張を緩めながら睡眠の質の改善等を図るセッションをご提供しております。



薬だけにたよらない心療内科・精神科


精神科・心療内科は数多いですが、本当に信頼できるところは少ないのが現状です。
ここでは私が知る限りの、なるべく薬だけに頼らないクリニックをご紹介します。

(逆に、「薬は絶対飲んではいけない」と極端な姿勢を持つ治療者もオススメしません。)


ただ、本当に良い医療を追求される医師の方々は保険診療の枠内でやっていくのを難しく感じ、自由診療をされているところが多く費用の面が課題です。

 

千村クリニック(精神科・心療内科)

医者の9割はうつを治せない』という衝撃的な本を出版されていますが、千村先生は薬だけに頼らない治療を誠意と熱意を持ってされています。

同書の中でも、「治療の中心はカウンセリングである」と書かれています。
毎月行われているセミナーに出席してみるのも役に立つと思います。
 所在地:東京都豊島区南池袋2-12-9 KKビル2F

 

風の木クリニック(精神科・心療内科・カウンセリング)

「心の病はカウンセリングで治しなさい」という数少ない医師。

高橋先生のカウンセリング・セミナーを私も4年間にわたり受講しました。

でも新患の予約は数カ月待ちとのこと。
 所在地:東京都千代田区麹町 3-10-6 メリーハウス202

 
水島広子こころの健康クリニック

様々な精神疾患を対人関係を改善することで治療する「対人関係療法」の日本での第一人者。自由診療で、新規の予約は難しそうですが、水島先生の著書を読んだりワークショップに参加することでも改善の糸口が掴めるかもしれません。

最近は治療室という枠を外した「アティテューディナル・ヒーリング」(態度による癒し)という活動に力を入れていらっしゃり、怖れを手放し、自分を赦し、人の心の一番奥にある”あたたかいこころ(愛)”を大切にして生きる事の大切さを啓もうされています。

 所在地:東京都港区元麻布3-12-38

 

 

イーハトーヴ・クリニック

 聖マリアンナ病院で長年外科医を務めた萩原先生は、身体だけの治療に限界を感じ、心の在り方を重視するようになり、現在はヒプノセラピー(催眠療法)を中心としたホリスティック医療(自由診療)を提供されています。

私も萩原先生の催眠療法セミナーで勉強しました。
 所在地:横浜市青葉区美しが丘2-18-9 ニューライフビル2F

 


赤坂溜池クリニック(内科・心療内科・精神科)

 

ホリスティック医学協会の会長でもあり、通常診療に加えてホリスティック医療を提供しています。
 所在地:東京都港区赤坂1-5-1

 

帯津三敬塾クリニック

 ホリスティック医学の先駆者・帯津良一さんの自由診療のクリニック。
がんや難病の方でホメオパシーやホリスティック医療を受けたい方に。
 所在地:東京都豊島区西池袋1-6-1 ホテルメトロポリタンB1F

 

早稲田通り心のクリニック

解離性障害に造詣が深く、保健診療の他に、院長自らが発見した「内在性解離」という精神症状を治療する「USPT(潜在意識下人格の統合)」をされています。また、精神疾患と見られるものが実は憑依霊による現象である場合があるという見地からの対処も考慮されている独特のクリニックです。院長の小栗康平先生はとても真面目で純粋そうな方です。
 所在地:新宿区西早稲田3-28-1 RICOSビル3F


<Alma Materのカウンセリング料金>

 

心理カウンセリング60分 8,000円

(2週間以内のリピートの場合1000円引き → 条件



お薦めの書籍


『医者の9割はうつを治せない』

千村晃著

 

『本当のうつ病ー頑張り方を変える処方箋』(高橋和巳著)

 

『心をはなれて、人はよみがえる~カウンセリングの深遠』

(高橋和巳著)