Healing Space Alma Mater|東京都江戸川区|総武線新小岩

バイオダイナミクス・オステオパシー

バイオダイナミクス・オステオパシーとは、

平静と調和、大いなる生命の全体性とひとつとなること。


オステオパシー (Osteopathy)は1874年にアメリカ・ミズーリ州のカークスビル在住の医師アンドリュー・テイラー・スティル (Andrew Taylor Still)によって創始されました。

 

オステオパシーはギリシア語のOsteon(骨)とPathos(病理、治療)の2つを語源とし、日本では整骨療法と呼ばれていたこともありますが、骨のみを調整する手技とは異なり、骨格などの運動器系、動脈・静脈やリンパなどの循環器系、脳脊髄液の循環を含む脳神経系など、解剖学的あるいは生理学的な広範囲の医学知識の元に、手技を使って治療するもので、現在では「オステオパシー」とそのままで呼ばれています。

当初は西洋医学からは受け入れられませんでしたが、多くの人に支持され、1892年にアメリカン・スクール・オブ・オステオパシー(現在のA. T. Still University)がミズーリ州に設立され、1910年に医学認可を受けました。

現在では米国の全州で西洋医学と同等の医療行為として保険も適用される医療体系であり、他の多くの国にも普及されていますが、日本では明確な資格がなく、あまり知られていないのが現状です。

オステオパシーの本質と歴史については、書籍『いのちの輝き~フルフォード博士の語る自然治癒力』に詳しく書かれていますので、一読をお薦めします。

 

オステオパシーの創始者のDr. スティルはとてもスピリチュアルな人でした。

 

なので、オステオパシーの前提となる哲学もとてもスピリチュアルであり、ホリスティックです。

 

100年以上前にこんな進歩的な考えを持った医学が生れていたことは驚きです。


オステオパシーの哲学


  • 人には生れつき癒える力が備わっている。
  • 人は全体として機能している。
  • 自律神経系が病気や癒しにおいて主要な役割を果たしている。
  • 構造と機能は活動における一つの形態である。
  • 神は内在している。
  • 大いなる生命は死を超えてなお続くものである。
  • 正常へと向かう絶え間ない動きが存在している。
  • 私たちは人類に奉仕するためにここにる。

バイオダイナミクス・オステオパシー


Dr. スティル(オステオパシーの創始者)→Dr.サザーランド(クラニアル・ワークの創始者)→Dr.フルフォードへと引き継がれたオステオパシーの真髄への探求をDr.ジム・ジェラスが「バイオダイナミクス」として理論・体系化しました。

 

バイオダイナミクスはオステオパシーのポスト・グラジュエイト向けのトレーニングですが、日本ではオステオパシーの明確な資格がないために私のようなものも受講させて頂けました。

 

先生方は本当にハートから奉仕したいという方には道を開いて下さいます。


「健全(The Health)」を見つける


Dr.スティルの有名な言葉。

 

「病気は誰にでも見つけることができる。

 

患者の中の健全を探しなさい。」

 

それをどこまでも探し続けるのがバイオダイナミクスです。


静けさを見つける


一般的なオステオパシーは関節や筋膜などに働きかけるためにクライアントの身体をソフトなタッチで動かすことをしますが、バイオダイナミクスではほとんど身体を動かすことなく、ただ軽く触れたまま、「静けさ」の中に浸り続けます。

 

クライアントの中の、あるいは部屋全体の、自分が知覚しうる中で「一番静かなところ」を見つけ、それとシンクロします。

 

すると静けさは段階を追って深まっていきます。

 

一番静かなところ、何もないように感じられるところに、「健全の輝き」が待っています。

 

それは抽象的な概念ではなく、実際に知覚できるものです。

 

その「健全(The Health)」とは、秘教的には”Spirit"に対応するということもできるかと思います。


バイオダイナミクス・オステオパシーでは、施術中はほとんど会話はしません。

 

施術中、ほとんどの方は眠ってしまいます。

 

言語を遥かに超えた領域での作業です。

 

The Healthは時空を超えた、永遠の愛の中で見つかります。

 

セッションの本当の影響は、施術者にもクライアントにも分からないような深いレベルで、長い時間をかけて進行します。

 

これは病気を治すとかいうことではなく、生き方自体が変わっていくものです。


私は2009年トム・シェイバーD.O.のバイオダイナミクス・フェーズ1に参入して以来、現在まで学び続け、2017年にやっとフェーズ9まで全課程を修了しました。(フェーズ7を修了するとバイオの施術者と名乗っていいことになっています。)

 

しかしながら、まだまだ道半ば。

カリキュラムはどんどんアップデートされ、新しいフェーズもできつつあり、今も進化中です。

しかも、教わる内容のあまりの深遠さに、1度の受講では理解が全く追い付きません(>_<)


トレーニングは、意識を広く解き放ち静けさに浸れるように、いつも大自然の静寂の中で行なわれます。


こんな方に


バイオダイナミクス・オステオパシーは体に関するあらゆる面(筋骨格系、内臓系、免疫系、神経系、内分泌系、心・血管系)と感情・メンタルな問題等を含め人間という存在全体に対応できるものですが、施術者によって得意領域があると思います。

 

私の関心は主に心理的・メンタル的な領域への関心が強いので、それらの領域と、主にストレスによって引き起こされる体の不調、心身症や不定愁訴、自律神経の異常、免疫力の低下、ホルモン・バランスの乱れ等を感じておられる方に受けてほしいと思っています。

 

具体的には、クラニオセイクラル・セラピー(頭蓋仙骨療法)のページの「こんな時に・こんな方に」に書かれているのと同じ適応です。

 

筋骨格系の矯正が主な目的の場合はそうオいう分野が得意なオステオパスの治療院等へ行かれる方がよろしいかと思います。


<料金>

 

バイオダイナミクス・オステオパシー60分(所要約90分)

8,000円

Alma Materのバイオダイナミクス・オステオパシーと

クラニオセイクラル・セラピーは内容的には同じものです。)


オステオパシーの創始者

Dr. A. T. スティル


バイオダイナミクス・フェーズ9修了証
(2017年7月)

『いのちの輝き~

フルフォード博士の語る自然治癒力』